<サイバーエージェントレディス 2日目◇3日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 千葉県にある鶴舞CCで開催中の国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」。堀琴音と森田遥のアマチュア勢と最終日最終組で一緒に回るのは、自身もアマチュア時代に韓国のプロツアーで優勝経験のある申ジエとなった。

【関連記事】アマ堀琴音、2日続けて自己最高スコアで首位浮上!
 この日19位タイからスタートした申は、いきなりの1番で8メートルのパットを決めてバーディを奪うとそこから圧巻のバーディラッシュを見せる。3番でも同じく8メートルの長いパットを決めると、5番、6番と連続バーディ。さらに8番でも奪って前半だけで5バーディ。スコアを一気に5つ伸ばして折り返すと、後半でも2つのバーディを決めノーボギー。トータル7アンダーで首位と1打差の単独3位に浮上した。

 アマチュアの2人と最終日に最終組で回ることに対して申は、「最近若い選手と回ることも増えてきて先輩になったんだなぁという気持ち。アマチュアはプロより攻撃的なゴルフをしてくる」と警戒した。

 申は2年前の「CNカナディアン女子オープン」で当時アマチュアだったリディア・コと優勝争いをした経験を持つ。その時、コに敗れたが「すごくいいプレーをしていたので感心していた。悔しい気持ちではなく、見習って練習しなければと思った」と感じた。今回も「プロアマは関係なくいいプレーを見て学ばないと」という気持ちで臨む。

 今年は、2010年に優勝した東コースではなく、距離が長い西コースでの戦いとなっているが「フェアウェイウッドには自信があるので、今日スコアが出てさらに自信になった」と不安は無い。最終日に強い申が、明日アマチュア二人とどのようなゴルフを見せるか注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>