<中日クラウンズ 最終日◇4日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 首位のキム・ヒョンソン(韓国)と3打差の3位タイから出た石川遼。逆転優勝を狙い早めにヒョンソンを捉えたかったところだが、両者とも6番までパー。本来の姿となった和合で息詰まる戦いが続く。

遼、強風に苦しむも3位Tで最終日へ「最低限のことはできた」
 明暗が分かれたのは7番パー3。9番アイアンでのティショットは風に流され左奥のバンカーに。ライは球が上げにくい左足下がり、「パーをとるためにギリギリのところに打った」一打は距離が足りずにバンカーに逆戻り。3打目はピンから5メートルにオンしたが、そこから2パットでダブルボギーに。石川のティショットを見て右からのフォローの風が強いことを知ったヒョンソンは、それを計算に入れたショットでベタピンにつけバーディ。差は一気に6打差まで開いてしまった。

 風も吹き荒れ、難易度を増した和合。追いかけるには辛い展開となったが石川は8番で5メートルのカラーからのパットを入れピンチをしのぐと力強いガッツポーズ。9番ではバーディを奪い、執念を見せるが折り返した10番では3パットのボギーを叩いてしまう。そこからも懸命にヒョンソンの背中を追い、15番パー5では直ドラ、16番ではワンオンを狙うなど積極的なプレーを見せたが追いつくことはできず、この日2つスコアを落としトータル4アンダーでホールアウト。7打差の5位タイに終わった。

 「どっちが先にミスをするのか」という展開の中での痛恨のダボ。この日は「流れがまったくこなかった」と唇を噛んだ。優勝したヒョンソンに関しては「本当に粘り強いゴルフをしていた。7番では判断材料をあげてしまったけど、それをできるのも素晴らしいこと。長いパーパットをいくつも決めていたし、今日はヒョンソンの日だった」と賛辞をおくった。

 3日目までは「最低限のことはできていた。今日だけ自分の目標をクリアできなかった」。スコアを伸ばせず悔しい結果になったが「上手くプレーできたと思う、コースに対して通用しているなと思った」と2年ぶりの和合で自らの成長を感じることができた。

 優勝は逃したが、大ギャラリーに囲まれた母国での優勝争は石川にとっていい刺激になったはず。「出る試合でこういうパフォーマンスができれば技術は上がっていくと思う。次はPGAツアーで優勝争いを目指すだけです」と力強く話した。

 石川が次に国内ツアーに出るのは9月の「ANAオープン」が有力視されている。それまでにアメリカでさらに腕を磨き、また日本のギャラリーを魅了してくれることを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>