<サイバーエージェントレディス 最終日◇3日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」の最終日。アマチュアが3人もベスト10に入るということでも話題になった。以下、そのアマチュア堀琴音と永井花奈の2人と主な選手のコメントを掲載する。

LIVE PHOTOで「サイバーエージェントレディス」を振り返る!
○堀琴音(トータル4アンダー4位タイ)※アマチュア
「今日1日まわって申ジエさんから学んだものは大きいです」

(1日でも早くプロになりたいという気持ちが強くなった?)
「そうですね。まだまだですけど最終日最終組で回れたことがもの凄く良い経験になりました。」

(緊張はありましたか?)
「1番ホールだけありました」

(今日は楽しむといっていましたが?苦しかったですか?)
「苦しいとは思わず、自分はまだまだだと思いました」

(次の試合は?)
「私自身はプロテストですね。その後に中京ブリヂストンに出させていただきます」

○永井花奈(トータル3アンダー単独6位)※アマチュア
「今日は昨日までと違ってグリーンが固く感じました。スピンが弾かれたりしました」

(今大会を振り返って)
「自分の中では頑張れました。キャディさんに支えられたと思います。今日の内容は濃かったです。今日のスコア“73”は粘るところを粘れたので満足です」

(一ノ瀬のチップインイーグルを見て?)
「すごかったです!鳥肌立っちゃいました」

(優勝者とのラウンドは?)
「雰囲気はぴりぴりして無かったです。一ノ瀬さんが話しかけてくれて楽しかったです。優勝する人と最終日に回れていい経験になりました。一ノ瀬さんも途中でボギーを打っていて優勝者言えども全てが上手くいっているわけではないと感じました」


○申ジエ(トータル6アンダー単独3位)
「アマチュア2人と回ったことと、久しぶりの最終組だったことで少し緊張しました。アマの怖さ知らずのプレーは見ていて、いい刺激になりました。日本ゴルフ界の未来を担っていく若い子達として楽しみです」

○香妻 琴乃(トータル4アンダー4位タイ)
「今シーズン調子の良いショットとパットが噛み合っていい感じでラウンドできました。同じ組の一ノ瀬さんに負けないようにとラウンドしたけど最後まで身体の硬さが取れませんでした」

<ゴルフ情報ALBA.Net>