<中日クラウンズ 最終日◇4日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー序盤戦の大一番「中日クラウンズ」の最終日。単独首位から出た韓国のキム・ヒョンソンがスコアを2つ伸ばしトータル11アンダーで逃げ切り今季初優勝。4打差の2位には同じく韓国のI・J・ジャン、5打差の3位には今野康晴が入った。以下に上位選手の他、主要選手のコメントを掲載。

遼は5位タイで終戦「次は米ツアーで優勝争いを」
●I・J・ジャン(トータル7アンダー2位)
「昨日同様に風があったし、グリーンはより硬くなったので難しかった。厳しい状況だったが楽しもうという気持ちで回った」

●今野康晴(トータル6アンダー3位)
「16番終了後に競技委員に急いでやれと言われて、そこで馬鹿馬鹿しくなってしまって。組で言われるけど急ぐ選手と急がない選手がいるしね。自分としてはそんなに遅いつもりじゃなかったけど。みんな急いでプレーしているとは思うけど、中には注意を気にせずゆっくりプレーする選手もいるから。(前半良かっただけに)もうちょっとやりたかったけど」

●岩田寛(トータル6アンダー4位)
「後半はいっぱいいっぱい。パーパットを入れるだけでした。2日目の後半からインではバーディ1つしか獲ってないんじゃないかな」

「去年アメリカのQTに行ってから、よく人に言われるんだけど「変わったね」って。ボギーを打っても気持ちを切り替えて、そこで終わりじゃないと。キレる人は自分で分かっていても治らないんですよ。そこで終わりじゃない、って33歳になって気がつきました(笑)」

●近藤共宏(7つ落としトータルイーブンパー14位タイ)
「ダメでしたね。何をやっても上手くいかなかった。調子も良くなかったけど、リズムが途中から悪くなったかなあ。何度か経験しているけど、こうなったらこうなっちゃうという感じですよね。一生懸命やってるけど、上手くいかない」

●松村道央(昨年覇者、6つ落としトータル1オーバー19位タイ)
「今日は全然ダメでした。2日目までは良かったのですが、3日目のバックナインから疲れが出てきた。振りが鈍くなってしまった。それが今日も治らなかったですね」

(初日は“60”をマーク)
「自分のキャリアとして自信になるスコア。歴代3位ですし、それが和合で出せたのはずっと残っていく。その自信を糧にして残りのシーズン、賞金王を目指し立て直していきたい」

<ゴルフ情報ALBA.Net>