<ウェルズ・ファーゴ選手権 最終日◇4日◇クエイルホロークラブ(7,562ヤード・パー72)>

 ノースカロライナ州にあるクエイルホロークラブで開催された、米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」の最終日。トータル3アンダーの38位タイからスタートした松山英樹は5バーディを奪ったものの4つのボギーと1つのダブルボギーを叩き、トータル2アンダーと1つスコアを落としてフィニッシュ。スタート時と同じ38位タイで4日間を終えた。

 上位進出を目指して迎えた最終日は苦しい立ち上がりだった。序盤の2番パー3でティショットをバンカーに入れてボギーが先行すると、続く3番では3パット。4番もボギーとして、序盤の4ホールでいきなり3つスコアを落とした。それでも、7番パー5のバーディをきっかけに巻き返しをスタート。8番もバーディとすると、迎えた後半は10番、14番、15番と立て続けにバーディを奪取。トップ10も見える位置で終盤を迎えた。

 しかし、ツアー屈指の難易度を誇る上がり3ホールである通称“グリーンマイル”は簡単に浮上を許さない。17番パー3ではティショットをグリーン右手前に外すとミスも重なりダブルボギー。最終18番も約190ヤードのセカンドをグリーン奥に外すと寄せきれずボギーとしスコアを落としてのフィニッシュとなった。

 だが、2週連続予選落ちから初日は“69”をマークして7位タイスタートを決めるなど、状態は上向きだ。次週は“第5のメジャー”とも称されるビッグトーナメント「ザ・プレーヤーズ選手権」。世界最高峰の舞台での躍進はなるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>