<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇5日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,630ヤード・パー72)>

 国内女子ツアーメジャー大会第一戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が8日(木)に開幕する。今大会に出場する宮里藍が5日(月・祝)、渡邉彩香と練習ラウンドを行った。

史上最年少Vの勝みなみ、性格は“人前に出るのが好き”で“負けず嫌い”
 先週の火曜日に帰国し、木曜日から沖縄で調整していたという宮里。休みを挟みつつパッティングの調整をメインに練習。「サンフランシスコからフィーリングもよかったので、良くなったというよりは現状維持という感じです」と武器であるパッティングが徐々に戻りつつあるようだ。

 この日は「アクサレディス」でツアー初優勝した渡邉彩香と練習ラウンド。渡邉といえば飛ばし屋で有名だが、その飛距離には宮里も驚き「いや、本当にいい球打ちますね。見とれてました。フェーダーであれだけ飛距離がでるのはすごく良い選手だなと思った」と感心しきり。彼女はまだ成長段階だから、と前置きしながらも「将来的にはアメリカでも通用する選手だと思います」と絶賛した。

 そんな宮里は会場で会った「KKT杯バンテリンレディスオープン」を制した注目アマの勝みなみとも少し会話をかわしたようだ。「あまり話す時間はなかった。優勝おめでとう、今週お互い頑張ろう」と伝えたという。

 初めて会った勝の印象は「もっと大きいと思っていたが身長も自分と変わらなく、かわいらしい子だなって。一回り以上違うけど、あまりそんな感じはしなくて、芯が強そうな子」

 2年ぶりのコースにも「コンディションは素晴らしいですし、好きなコースなので楽しいなという感じです」と意欲たっぷり。アマ優勝の後輩である勝の前で宮里がどんなプレー見せるか注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>