<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部・西コース(6,630ヤード・パー72)>

 今季の国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が明日8日(木)に開幕。この大会には米ツアーを主戦場とする宮里藍、宮里美香の他、アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)、昨年の韓国ツアー賞金女王、ジャン・ハナ(韓国)らトッププロたちが出場する。

 ノルドクビストは今季米ツアーで2勝を挙げている実力者で身長183センチのパワーヒッター。今季は「コーチからスイングをもっとアグレッシブにするように言われた。」とボールコントロールを考えるよりも、思いっきりのいいスイングを心がけているという。それが「今年の優勝の大きな要因だと思う」とV2の大きな原動力となったようだった。

 長身から繰り出される高弾道のショットは迫力満点。プロアマ戦でも同組のアマチュアたちから飛距離を感嘆されていた。宮里やアマチュア選手たちに多くの注目が集まっているが、ノルドクビストのようなワールドクラスの選手が見れるのもこの大会の魅力だ。

 コースの印象は「グリーンがアメリカのコースよりも小さい。距離は少し短いかもね。攻めるホールと、守らなきゃいけないホールがはっきりしている」と話した。「今季は成績がいいからこの大会に来るのが楽しみだった。とりあえず目標は最終日を優勝争いができる位置で迎えること」。北欧の飛ばし屋が日本のメジャーを大いに盛り上げてくれそうだ。

 ノルドクビストは予選ラウンド2日間は横峯さくら、宮里美香と同組に。初日は12時18分に10番ティからスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>