<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇8日◇茨城ゴルフ倶楽部・西コース(6,630ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が開幕。この試合には海外の強豪が参戦。その中の1人、中国のフォン・シャンシャンが強風の中3バーディ・1ボギーの70をマーク。2アンダーで単独首位に立った。

LIVE PHOTOで「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」初日をプレーバック!
 この日、午後スタートの組でアンダーをマークしたのはこのフォンただ一人。風には「あったりなかったりで判断が難しかった」と苦しめられはしたが、「アメリカツアー7年目でいろんなコース、いろいろな悪天候を経験しました。天気はみんな一緒だし公平。天気に文句言ってもしょうがない」。これまでの培ってきた経験を活かし、我慢のゴルフでスタートダッシュを決めた。

 明日は「今日と同じプレーを。みんな伸ばしてくると思うから、自分は自分のプレーに集中していきたい」と周囲を気にせず自分のプレーにだけ集中する。

 もう一人の注目の海外勢、アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)は1イーグル・2バーディ・4ボギーの72でラウンド。イーブンパー6位タイにつけた。「今日はとてもタフでした」と身長183センチの大型プレーヤーも吹き荒れる強風に苦戦。それでも豪打を駆使し17番パー5ではイーグルを奪取し、見せ場を作った。「とにかくうまくプレーを続けて、バーディをとっていきたい」、明日からも規格外のパワーで大会を大いに盛り上げてくれそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>