<ザ・プレーヤーズ選手権 初日◇8日◇TPCソーグラス>

 米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」がフロリダ州にあるTPCソーグラスで開幕。石川遼の繰り上げ出場がならなかったことで今大会唯一の日本勢となった松山英樹は、序盤3連続ボギーを叩くも後半に巻き返し、6バーディ・4ボギーの“70”の2アンダー29位タイで初日を終えた。

【舩越園子コラム】石川遼、松山英樹らの歩みに見る米ツアーの厳しさ
 初出場の“第5のメジャー”。立ち上がりは苦しい展開だった。3番で3パットのボギーを叩くと、4番では短いパットを決めきれずボギー。5番も3パットでボギーとグリーン上で苦しみ一気にスコアを落とした。

 それでも悪い流れを変えたのはさらに1つスコアを落として迎えた8番パー3だ。ティショットをグリーン左手前に外すと、アプローチも寄り切らず約3メートルのパーパットを残すピンチ。しかし、これをねじ込みパーを拾うと、ここから一気に上昇気流に乗った。

 9番でこの日初のバーディを奪うとそこから12番まで怒涛の4連続バーディを奪取。前半のパッティングの不調がウソのように14番、15番でもミドルパットをきっちり沈め連続バーディとしてリーダーボードを一気に駆け上がった。

 松山もキーホールとなった8番を振り返り「流れを変えた」と満足気。首位とは7打差がついたが、週末へ向けてムーブアップしていくのみだ。

【初日の順位】
1位:マーティン・カイマー(-9)
2位:ラッセル・ヘンリー(-7)
3位:ベ・サンムン(-6)
4位T:リー・ウェストウッド(-5)
4位T:ブライアン・スチュアード(-5)
4位T:ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(-5)
4位T:ゲーリー・ウッドランド(-5)
4位T:ジョーダン・スピース(-5)
4位T:スコット・スターリングス(-5)
4位T:ジャスティン・ローズ(-5)
4位T:セルヒオ・ガルシア(-5)

18位T:バッバ・ワトソン(-3)他
29位T:松山英樹(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>