<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2日目◇9日◇茨城ゴルフ倶楽部・西コース(6,630ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の2日目。12時47分に雷雲接近で競技は中断に。その後も天候が回復せず再開は16時12分までずれ込み、すべての選手がホールアウトできず日没サスペンデッドとなった。

LIVE PHOTOで「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」2日目を振り返る!
 暫定首位はトータル4アンダーでフィニッシュした、フォン・シャンシャン(中国)とカン・ヨウジン(韓国)の2選手。以下に主要選手のコメントを掲載。

●フォン・シャンシャン(トータル4アンダー、暫定首位)
「全体的には良いプレーでした。今日も自分は安定していたと思う。昨日よりパーオン率も高くなったけど、パターが入らなかった」

(悪天候だったが)
「今年で3年目だけど、1年目は竜巻で、去年は風が強く雨が降ったけど、天気によってどうこうというのはない」

●フェービー・ヤオ(トータル3アンダー、暫定3位タイ)
「プロアマ、練習ラウンドはよくなかったけど、今日は良かった。ボールが左行ったり右行ったりするんで、ショットを修正しながら練習しました」

(優勝するには何がポイント?)
「フォン・シャンシャンでしょ(笑)。彼女は常に良いプレーをするので絶対ミスが少ない選手なのでミスを少なくプレーしたい」

(優勝して変わったことは?)
「日本の場合は変わらない。台湾でも人に会ってないのであんまり変わっていません」

●一ノ瀬優希(トータル1アンダー、暫定6位タイ)
「11番の最初のバーディで気持ちが落ち着いた。ずーっとパーが続いて8番ボギーで焦る気持ちもあった」

(2週連続Vは?)
「あと2日あるので自分にプレッシャー与えても意味ない。難しいコースで2日間アンダーで回れて自信になっている」

(すごいスコアを出した人が)
「(勝)みなみちゃんでしょ。すごいっすよね。持ってる」

●横峯さくら(トータル5オーバー、暫定63位タイ)
「内容としては今日も悪くはなかったんですけど、前半我慢できなくて…。パーオンすればいいんですけど。今後はOKラインを下げてプレーしようかなと思います。ショットばかりに意識がいってて、そういう時はアプローチでカバーしなきゃいけないんですけど、出来なくて。前半は3パットが2回もありました」

●森田理香子(トータル10オーバー、暫定96位タイ)
「風は昨日より全然やりやすかったし、ショットも悪くなかったので来週につながった1日だったと思います。ショット、パッティングの悪いところを考えながらやっていたので、試しているところは良い方向にいってると思います」

<ゴルフ情報ALBA.Net>