<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇10日◇茨城ゴルフ倶楽部・西コース(6,630ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の3日目。第2ラウンドで“65”の大会コースレコードをマークしたアマチュアの勝みなみは35位タイからスタート。出だしの1番でバーディを奪い快調な滑り出しをみせた。

LIVE PHOTOで勝みなみの活躍をプレーバック!
 前半は2つ伸ばして折り返したが、「10番で厳しいパーパットを入れて、11番も簡単なパーじゃなかった」と強心臓がウリの15歳も精神的に消耗し、後半は12番でボギーが先行。このホールは昨日もセカンドショットを池に入れた“鬼門”。「そこから気持ち的にそわそわして余裕がなくなって、4つもボギーを叩いてしまった」と12番から4連続ボギーを叩いてしまう。最終18番でもセカンドをバンカーに入れると、そこから寄せず、パーパットもカップに蹴られボギーにしてしまった。

 前半からティショットがフェアウェイにいかない場面が目立ち、「最後ちょっとクラブがインサイドに入っていたかなと。17番で真っ直ぐフォロー出したら良かったけど、17番だったので…」、最後には修正できたが少し遅かった。

 この日のスコアは3バーディ・6ボギーの“75”。3つ落としてトータル6オーバー51位タイに後退してしまった。この日のギャラリー数は10,708人で1万人超え。勝の組にも大勢のギャラリーがついたが「ありがたかったけど、後半崩れたので申し訳なかったです。声援は本当に嬉しかった」、いいプレーを見せられず悔しそうに話した。

 ここまで82、65、75とスコアに波のある勝。「もうしょうがない。自分のしたことなので、今日は今日、明日は明日で頑張ればいいと思います」とこの日のプレーを吹っ切った。「昨日は嬉しかったのに、今日は悔しい。だからまた挑戦したくなる。毎日気持ちが違うので楽しい。私は本当にゴルフが大好きなので」。どこまでもゴルフに対して真っ直ぐな気持ちを持つ勝、そんな彼女に明日は良い波が来ることを願いたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>