<男子世界ランキング>

 11日付けの最新男子世界ランキングが発表された。

 先週開催された米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」で2010年以来となる復活優勝を挙げたマーティン・カイマー(ドイツ)が前週から33ランクアップの28位に浮上。また、同大会単独2位のジム・ヒューリック(米国)が2ランクアップの12位、単独3位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)も9位に浮上した。

 日本勢では同大会を23位タイで終えた松山英樹が1つ順位を上げて25位。次いで小田孔明が82位、石川遼が85位につけている。


【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(8.05pt)
2位:アダム・スコット(7.95pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(7.83pt)
4位:バッバ・ワトソン(7.12pt)
5位:マット・クーチャー(7.08pt)
6位:ジェイソン・デイ(6.69pt)
7位:セルヒオ・ガルシア(6.36pt)
8位:ジョーダン・スピース(6.26pt)
9位:ジャスティン・ローズ(6.11pt)
10位:ローリー・マキロイ(5.89pt)

12位:ジム・ヒューリック(5.55pt)

25位:松山英樹(3.78pt)

28位:マーティン・カイマー(3.66pt)

82位:小田孔明(1.71pt)
85位:石川遼(1.68pt)
104位:片山晋呉(1.47pt)
114位:谷原秀人(1.35pt)
153位:宮里優作(1.11pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>