<ほけんの窓口レディース 初日◇16日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,314ヤード・パー72>

 国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」が福岡カンツリー倶楽部 和白コースを舞台に開幕。初日の競技を終え、3アンダーで吉田弓美子とアマチュアの柏原明日架が首位に立った。

LIVE PHOTOで「ほけんの窓口レディース」初日を振り返る!!
 吉田はこの日5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。「前半2〜3メートルのバーディパットを3つぐらい外しました。タラレバになりますけど、もうちょっと行けたかなという感じです」、好スタートだがまったく満足のいくラウンドとは行かなかったようだ。

 しかし「いつも初日に出遅れるんですけど、その分はいいかな」と今季初の首位発進には笑顔。「アイアンの調子は先々週あたりから良くなってきた。自分の中では徐々に調子は上がってきている」、昨季3勝を挙げた実力者がようやく調子を上げてきた。

 このコースはグリーンが硬いのが特徴だが、先日の雨の影響でこの日もまだ軟らかい状態に。「これからいいお天気でいい条件になりそう。グリーンも硬くなるだろうから、手前から攻めるなりマネジメントをしっかりしていきたい」、この日のプレーを無駄にせず最終日までしっかりとつなげたいところだ。

 春先に吉田の調子が上がらないのは花粉症の影響も大きい。今は芝花粉に苦しめられているが、「気温が高くなってマスクをしていたら肌が荒れてしまって」この日はマスク無しでラウンド。先週のメジャーでは着けたり外したりしていたそうだが、この試合では「最終日良い位置だったらするかもしれません」。見えない敵とも戦いながら、今季初優勝を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>