<関西オープン 1日目◇22日◇六甲カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「関西オープン」が兵庫県にある六甲カントリー倶楽部を舞台に開幕。初日の競技を終え、藤本佳則が5アンダーで2位タイと好発進を切った。

昨年のベストアマ大堀がプロとして出場「後輩には負けられない」
 この日インコースからスタートした藤本は最初の10番でいきなりバーディを奪うと、12番でもバーディ。15番でボギーを叩くも、17、18番と連続バーディで前半を締め折り返す。後半に入っても勢いそのままに1番でピン1.5メートルにつけバーディスタート。続く4番でもバーディを奪いスコアを伸ばした。その後のホールはパーでまとめてフィニッシュ。6バーディ・1ボギーの“67”をマーク、5アンダーで2位タイの好位置で初日を終えた。

 「15番以外は完璧だった」と藤本。傾斜のあるグリーンに対するマネージメントがぴたりとはまり、安定したゴルフを展開。課題としていたパッティングについても「先週からよくなった。何にも変えていないんだけど(笑)」と調子の良さを感じた1日となった。

 前回の「中日クラウンズ」から2週間空いての今大会。オープンウィーク中はトレーニングを中心に行い、昨年結婚した奥さんの手料理で連戦の疲れを癒したことでいい状態で今大会に臨めているという。

 地元関西での戦いについては「思い入れはたくさんある。地元で勝ちたいんだけど、地元で勝つほど難しいものはない。身構えてるわけではないんだけど、何かあるのかも」と藤本。それでも「最終日にいい位置にいれば、多くの人が応援に来てくれる。声援はいいエネルギーになる」と意気込んでいる。06年、09年、10年とローアマに輝いた得意の大会でツアー優勝を挙げ、地元に錦を飾りたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>