中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 初日◇23日◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(6,459ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」が開幕。その初日、5バーディ・2ボギーの“69”をマークして5位タイの好スタートを決めたのは今大会歴代チャンピオンの1人、横峯さくらだった。

LIVE PHOTOで大会初日をプレーバック!!
 原江里菜、渡邉彩香と共にアウトコースからスタートした横峯は、6番パー5でサードのアプローチを1メートルに寄せてバーディを先行。さらに7番パー4では12メートルのロングパットがカップに沈み連続バーディを奪取。続く8番パー4はボギーとしたが、前半最終の9番パー5で再びバーディを取り返し、前半を2アンダーで折り返した。

 後半に入ってからも、13番14番と連続バーディで着実にスコアを伸ばした横峯はこの時点で首位タイに浮上。しかしその後はバーディを奪えず、最終18番ではサードショットをグリーン左奥に外すミスからこの日2つ目のボギーを喫して失速。結局、首位と1打差の5位タイで初日のプレーを終えた。

 「今日はパットに助けられました」この日の横峯はショットが不調。しかしグリーン回りの寄せと好調なパッティングを武器にパーを重ね、少ないチャンスをものにして、スコアを作ってみせた。

 今季の横峯は「Tポイントレディス」の5位タイが最高位で、なかなか優勝争いに加われていない。先月22日(火)に入籍してからも、初戦となった「フジサンケイレディス」でまさかの予選落ちを喫するなど、思うような成績を残せていないのが現状だ。

 しかしこの日は、今季初勝利、そして初の“ミセスV”に向けて、首位と1打差の好発進。今季の初日順位としては最高となる5位タイでホールアウトした。「すごく良い位置だと思います。ショットを修正して、明日からも寄せにこだわってプレーしたいです」

 また、横峯は“ミセスV”について、「全く考えないわけではないですけど…その時はその時で、私の日だったらそうなるかもしれません」と話し、まずは意識することなくプレーしていく方針を明かした。はたして、過去に優勝経験のあるこの大会で“ミセスV”を達成することができるか。横峯の残り2日間のプレーに注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>