<関西オープン 2日目◇23日◇六甲カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー72)>

 兵庫県にある六甲カントリー倶楽部で開催中の国内男子ツアー「関西オープン」。大会2日目は初日2位タイと好位置につけた平塚哲二とニュージーランドのマイケル・ヘンドリー、韓国のジャン・ドンキュの3人が通算9アンダーで並び首位に立った。

 この日、平塚は6バーディ・2ボギーの“68”、ヘンドリーは5バーディ・ノーボギーの“67”。そして、ジャンは8バーディ・2ボギーの“66”をマークした。平塚は2011年以来の優勝、ヘンドリーとジャンの2人は悲願のツアー初優勝に向け最高の位置で決勝ラウンドに進む。

 首位と1打差の通算8アンダー単独2位には藤本佳則と片岡大育の2人。続く通算7アンダー6位タイには高山忠洋、小田孔明、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)がつけた。さらに矢野東、河井博大、S・K・ホ(韓国)ら6人が通算6アンダーで9位タイグループを形成している。

 また、「関西オープン」初登場となった中嶋常幸は7バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“68”と4つ伸ばすも初日の出遅れが響き通算3オーバーで予選落ちとなった。

【2日目の結果】
1位T:平塚哲二(-9)
1位T:マイケル・ヘンドリー(-9)
1位T:ジャン・ドンキュ(-9)
4位T:藤本佳則(-8)
4位T:片岡大育(-8)
6位T:高山忠洋(-7)
6位T:小田孔明(-7)
6位T:ブラッド・ケネディ(-7)
9位T:矢野東(-6)
9位T:河井博大(-6)他4名

<ゴルフ情報ALBA.Net>