<クラウンプラザ招待atコロニアル 2日目◇23日◇コロニアルCC>

 米国男子ツアー「クラウンプラザ招待atコロニアル」の2日目。初日2オーバーの82位タイと出遅れた石川遼は5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“70”とスコアを伸ばせず、トータル2オーバーフィニッシュ。後続のスコア次第では予選通過の可能性は残したものの、カットラインにあと1打及ばず予選落ちとなった。

遼君のスイングってどうなってるの!?
 INからスタートした石川は11番パー5でグリーン周りのミスからボギーを叩くと、13番パー3ではティショットを池に落としてダブルボギー。序盤で3つスコアを落とす苦しい立ち上がりとなる。それでも14番をバーディとし悪い流れを断ち切ると、後半はバーディとボギーが交互にくる展開ながら懸命に耐えて浮上のチャンスをうかがった。

 すると、7番、8番と共に約3メートルのチャンスをモノにして連続バーディ。スタート時のスコアに戻すと、最終9番も約2.5メートルのバーディチャンスを迎える。しかし、このビッグチャンスを活かせず最終ホールはパー。予選通過を逃す結果となった。

 前週の「HPバイロンネルソン選手権」ではギリギリ予選通過を果たすも、3日目にセカンドカットにかかり最終日に進出することができなかった。初日、2日目とショット、パット共にまとまってはいるもののどこか噛みあわず停滞。日曜日のフェアウェイが遠い。

【2日目の順位】
1位:ブライス・ガーネット(-7)
2位T:ロバート・ストレブ(-6)
2位T:クリス・ストラウド(-6)
4位T:ボ・バン・ペルト(-5)
4位T:ダスティン・ジョンソン(-5)
4位T:アーロン・バデリー(-5)
4位T:チャド・キャンベル(-5)
4位T:ジミー・ウォーカー(-5)
4位T:ティム・クラーク(-5)
4位T:ブライアン・デービス(-5)

36位T:松山英樹(-1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>