<関西オープン 3日目◇24日◇六甲カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー72)>

 兵庫県にある六甲カントリー倶楽部で開催中の国内男子ツアー「関西オープン」。本日から決勝ラウンドが始まった同大会ではギャラリーに向けて観戦がより楽しくなるある試みがなされている。

無念の予選落ちも・・・「関西オープン」を盛り上げたベテラン2人
 それは実際に予選ラウンドを戦った選手らによる観戦ツアー。高橋勝成、水巻善典、細川和宏の「関西オープン」出場者に加え、山本幸路、日本ゴルフジャーナリスト協会の理事である大東将啓の5人が解説者として登場した。

 今日が初日となった試みであったが、多くの参加者が集まり予定開始時間の15分前には締め切りとなった。高橋はツアー参加者を集めて、「プロが打つときは静かにしましょう」と改めて説明。「質問があれば色々聞いてくださいね。楽しくやっていきましょう」と元気に挨拶した。

 まずは練習場に移動してアプローチを練習していた手嶋多一の動きを説明。「今の練習では手の感触、距離感を見ています。みなさんみたいに打ち方を研究しているわけではないんですよ(笑)」。その後実際に手嶋がアプローチを披露するシーンも見られた。

 そして実際にコースに。クラブ選択や狙っている位置、選手の心理状況など細かく解説していく。「風邪、ピンポジなど計算することは多いんだけど、計算しすぎると結果が良くないことが多いんだよね」と言った選手目線の解説にギャラリーからも「なるほど」や「勉強になる」と言った声が多く聞こえた。

 またこんな一幕もあった。ある選手の打ったティショットが大きく左に曲がりなかなか見つからくなり、同じ組の選手全員で探す事態に。高橋はこういった場合のルールを1つずつ説明し、ギャラリーからの「誰が時間を数えているんですか?」や「こういう場合は競技委員さんのカートに乗ってもいいんですか?」と言った質問に丁寧に答えた。

 解説だけでなく高橋は選手としての想いも伝えた「選手は一生懸命戦っています。静かにしなければいけないところは静かにして、それ以外では歓声などでたくさん盛り上げてください。選手はそれが嬉しいんです」。

 最後に「関西オープンを楽しんで行ってください」という言葉で締めた高橋。約2時間の観戦ツアー終了後にはサイン攻めにあい、それを一つ一つ笑顔で対応した。ギャラリーからの「ありがとうございました」「楽しかった」の言葉に「楽しんでもらえてよかった」と充実した表情を見せた。今大会中ずっと「ギャラリーに喜んでもらいたい」と言っていた高橋の想いは、今日は昨日とはまた別の形でギャラリーに届いたはずだ。

 実際にコースを回った選手が解説してくれるこの観戦ツアーは明日も9時より開催される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>