米国男子ツアー「クラウンプラザ招待atコロニアル」の3日目。松山英樹が米ツアー自己ベストとなる6バーディ・ノーボギーの“64”を叩きだして、トータル7アンダー首位タイに浮上した。

 優勝すれば青木功、丸山茂樹、今田竜二以来、日本人4人目の米ツアー制覇となる。最終日はデビッド・トムズ(米国)と最終組でプレー。初の栄冠をつかみにかかる。

【日本人の米ツアー優勝】
1983年「ハワイアンオープン」 青木功
2001年「グレーター・ミルウォーキー・オープン」 丸山茂樹
2002年「ベリゾン・バイロンネルソン・クラシック」 丸山茂樹
2003年「クライスラー・クラシック・オブ・グリーンズボロ」 丸山茂樹
2008年「AT&Tクラシック」 今田竜二

<ゴルフ情報ALBA.Net>