<関西オープン 最終日◇25日◇六甲カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー72)>

 兵庫県にある六甲カントリー倶楽部を舞台に開催中の国内男子ツアー「関西オープン」最終日。今シーズンすべての試合で最終日にスコアを伸ばしベスト10に入ってきた“最終日の鬼”小田孔明が5打差を逆転し見事「関西オープン」を制した。

今年は“尻上がり”の年!小田孔明が3位タイ浮上
 最終日最終組3位タイからでスタートした小田。3番でバーディスタートを切るも5番のショートで左のバンカーに入れてしまいリカバリーできずボギー。しかし次の6番で6メートルのパットを決めバーディとすると、続く7番でも連続バーディ。同組で回っている首位につける藤本と3打差でフロントナインを折り返す。

 後半12番で15メートルのバーディパットを決め流れを作ると、14番ではカート道に跳ね返り30ヤード近くランするラッキーもあり、ここもバーディを決める。しかし、15番で2メートルのパーパットを外しボギーとすると、続く16番でアプローチがよらず3メートルの嫌な距離を残す。それでも、ここを「連続では外すことはないだろう」と小田らしい強気のパッティングでパーセーブする。すると藤本がこのホールでボギーを叩き、ついに首位に並ぶ。

そして、共に13アンダーで迎えた最終18番パー5。昨日までの3ラウンド全てでバーディを奪っている得意なホールで小田がファンを魅了する。

 ティーショットをフェアウェイ右につけると、5番ウッドを手にして残り248ヤードから放ったセカンドショットは2オンはおろかピン横2メートルにつけるスーパーショット「グリーンに乗ったかどうかは見えなかったけど、ギャラリーの歓声で分かった」。藤本がこのホールをパーでフィニッシュしたのを見届けてからの2メートルのイーグルパット。「日本一バーディを獲れる男」と豪語する小田らしく、力むことなくこのパットを沈め栄冠を手にした。

 自身初めての逆転勝利に「初めてで嬉しい」と笑顔を見せた小田。優勝は意識していなかったと言い、「流れはきてるかもと思ったけど、とにかく気持ちを切らさずとにかく自分が60台で回ることだけを意識した」。今年最終日にスコアを伸ばしていることは頭にあり「2位までならあるかもと思ってた。とりあえず平塚さんを捉えたいな」と思っていた。

 この2年で賞金王を獲ることを目標にした。「優勝が厳しくなっても気持ちを切らさず少しでも順位をあげようと頑張っている。そうしたらシーズンが終わったときに上位にいるかなと」。その為にボギーを叩いてもイライラせず、「次はバーディがくるだろう」という気持ちで臨んでいることが今シーズンの成績につながっている。

 もう1つの目標が昨年最終日に逆転を許し優勝を逃した「日本オープンゴルフ選手権」のリベンジ。今シーズンの開催地である千葉カントリークラブ 梅郷コースは2011年に「ダイヤモンドカップゴルフ」を勝った相性の良いコース。「リベンジにはいい舞台だね」と意気込む。

 なぜこの2つが目標なのかというと「「日本オープンゴルフ選手権」制覇、賞金王獲得の2つを獲らないと日本の頂点に立ったとは言えない」から。そして日本の頂点に立ってから海外に行きたいという想いをかなえる為である。大逆転で今大会を制した“最終日の鬼”は日本の頂点を目指しこれからもバーディを獲り続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>