<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日◇25日◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(6,459ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の最終日。試合はトータル8アンダーまでスコアを伸ばしたアン・ソンジュ(韓国)が磐石の逃げ切り優勝を果たした。

LIVE PHOTOで大会最終日を振り返る!!
 今週は大会成績の他に、賞金ランキングも大きな関心事になっていた。それは今大会終了後の賞金ランキング上位5選手に今季の海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」の出場権が与えられるからだ。

 特に熾烈な争いとなっていたのが5番目の枠だ。開幕前の賞金ランキングでは原江里菜が5位につけていたが、6位につける渡邉彩香とは約50万円差、7位の一ノ瀬優希とも約235万円の差しかなかった。また、8位以下につけるリ・エスド(韓国)、酒井美紀、フェービー・ヤオ(台湾)は最低条件が優勝という厳しい状況ではあったが、逆転の可能性を残していた。

 そんな中、大会が開幕。まず5番目の枠を巡る争いでは予選落ちを喫した渡邉彩香が最初に脱落。リ・エスドはギリギリで予選を通過したが、2日間を終えて首位と7打差の1オーバー。最低条件が優勝という状況下では脱落したに等しいだろう。つまり、最終日を迎えた段階で、「全英」への切符は事実上、原、一ノ瀬、酒井、ヤオの4選手に絞られた。

 そして最終日のラウンドが終了し、優勝を逃した酒井、ヤオが脱落。そして単独7位以内が最低条件だった一ノ瀬もトータル3アンダー12位タイに終わったため、原が賞金ランキング5位の座を堅守。現時点での賞金ランキングによる「全英リコー女子オープン」出場有資格者はイ・ボミ(韓国)、アン・ソンジュ、成田美寿々、O・サタヤ(タイ)、原の5選手に決定した。

 尚、賞金ランキングによる出場権は有資格者が7月4日までに欠場を表明した場合、次点の選手に資格が繰り上がるため、6位の渡邉や7位の一ノ瀬はこの繰上げを待つことになる。


【大会終了時の賞金ランキング】
1位:イ・ボミ(56,229,500円)
2位:アン・ソンジュ(46,330,000円)
3位:成田美寿々(40,335,933円)
4位:O・サタヤ(35,564,000円)
5位:原江里菜(33,372,000円)

以上、「全英リコー女子オープン」の出場権を獲得

6位:渡邉彩香(32,213,500円)
7位:一ノ瀬優希(31,607,000円)
8位:森田理香子(26,946,000円)※有資格者
9位:酒井美紀(26,751,636円)
10位:リ・エスド(26,326,975円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>