<全米オープンゴルフ選手権最終予選 ◇25日◇奈良国際ゴルフ倶楽部(7,058ヤード・パー71)>

 奈良県にある奈良国際ゴルフ倶楽部で行われている全米オープンゴルフ選手権最終予選。全選手が1ラウンドを終え、5アンダーで宮里聖志、山下和宏が首位タイで2ラウンド目に入った。

【舩越園子コラム】優勝争いは椅子取りゲーム
 その首位と1打差の2位タイには金度勲、D・オー、梁津萬、3アンダーの6位タイには谷原秀人、谷口徹、藤田寛之がつけている。昨日まで行われていた国内男子ツアー「関西オープン」で惜しくも2位となった藤本佳則は2アンダーで1ラウンドを終えた。

 この最終予選には46人が参加。2ラウンドを行い、上位6人が「全米オープン」への出場権を手にする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>