タイガー・ウッズ(米国)が自身の公式ホームページを更新し、6月12日(木)にパインハーストNo2で開幕するメジャー第2戦「全米オープン」を欠場することを発表した。

世界ナンバー1陥落のウッズ、今季中の復帰は不可能か
 ウッズは3月末に腰の手術を行い、初出場以来初めて「マスターズ」を欠場。その後、アプローチとパターの練習はスタートしたとの報道があったが、「残念ながら、私はまだトーナメントを戦うゴルフを物理的にできる状態にない」と語った。

 次なるメジャーは自身が2006年に優勝したロイヤルリバプールでの「全英オープン」。公式ページ内でウッズは「2つのメジャーといくつかのトーナメントを欠場したが、将来については楽観的だ」と語っているが、リンクスでウッズの姿を見ることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>