<〜全英への道〜ミズノオープン 初日◇29日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,382ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「〜全英への道〜ミズノオープン」の初日。岩田寛が8バーディ・2ボギーの“66”で上田諭尉と並んで首位タイスタートを決めた。

3位T発進の正岡竜二、秘密兵器はロックスター
 この日の岩田は1番で幸先よくバーディを奪うと前半を3アンダーでハーフターン。後半は10番、12番とバーディを奪うと、13番、16番では2つのチップインバーディを奪うなど小技も冴えて急浮上を果たした。しかし、終盤は17番でボギーを叩くと、最終18番パー5はフェアウェイから約90ヤードの3打目をグリーン左バンカーに外してパー。好スタートにも「今日は最後が悔しかった」と表情を緩めることはなかった。

 今季5戦中4戦でトップ10フィニッシュを決めるなど好調をキープ。今大会の上位4名に与えられる全英オープンの出場権も、すでに予選トーナメントタイ大会をトップ通過して手中におさめ、キャリアベストともいえるシーズンの序盤戦を過ごしている。

 だが、有り余る才能とは裏腹にプロ12年目の33歳は未だに優勝カップを掲げられずにいる。最も優勝に近づいたのは08年の「フジサンケイクラシック」。しかし、最終ホールで1メートルのバーディパットを外してプレーオフとなると、東北福祉大の後輩である藤島豊和に優勝をさらわれた。

 しかし、昨年末に米国PGAツアーのQスクールに挑戦して以来、明らかに岩田のゴルフが変わった。調子が悪くてきれそうな場面でも粘り強く上位に喰らいついてチャンスを待つ。これまでのプロ生活11年間にはあまり見ることができなかった姿だ。「調子は悪い時もあるけど、いつも考えながらやっています。良くても悪くてもやることは変わらないですね」。

 その一打への迷い。優勝への思いはポーカーフェイスに隠して。「明日もいつも通りやるだけ。ピン位置をイメージして決めた場所に打つ」。一歩ずつ。だが確実に頂点へ近づいている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>