<〜全英への道〜ミズノオープン 2日目◇30日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,382ヤード・パー72)>

 「ミズノオープン」2日目に、五十嵐雄二が16番パー3でホールインワンを達成。16番には決勝ラウンドでのホールインワン達成者には200万円の賞金がかけられていたが、この日は予選ラウンドのため対象外。それでも、ミズノの好意で五十嵐には20万円の特別賞が授与された。

「これはいかん」手嶋多一、生活を見直すきっかけは“猿の実験”
 16番は200ヤードのパー3。5番アイアンで放たれたボールはピン筋に飛んで手前3メートルから転がってカップイン。その瞬間は見えなかったものの、同伴競技者のJ・チョイ(米国)らに祝福されてハイタッチを交わした。

 ところで、五十嵐の生涯ホールインワンは今回で通算5回目。そのうち、3回が今年に達成したものだというから驚きだ。その内容がまたすごい。「元旦にゴルフをやった時にセカンドが直接入ってイーグルが出たんです。で、2日に(ホールインワン)入って、でまた、3日にも入った」。新年初打ちイーグルからのホールインワン、ホールインワン。正月とお盆とクリスマスが一緒にやってきたような新年の幕開けに一番驚いたのはもちろん五十嵐本人だ。

 そんな正月が吉兆?となって、今大会で今年3度目のホールインワン。予選落ちに終わって「(特別賞は)全部吹き飛びますよ」と自虐的に笑ったが、まだまだ今年の運は使い果たしてはいなかった。ちなみに五十嵐は昨年11月の「HEIWA・PGM選手権」でもホールインワンを達成しており、約7か月で4回のホールインワンを達成したことになる。“エースの五十嵐”伝説はまだまだ続く?

<ゴルフ情報ALBA.Net>