<ザ・メモリアル・トーナメント 3日目◇31日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,352ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」の3日目。ここまで、出入りの激しいゴルフの中でもスコアを伸ばし、1アンダー48位タイで予選を突破した石川遼。この日も出入りの激しいゴルフは変わらず、3連続バーディを含む6バーディを奪うも、3ボギー1ダブルボギーでスコア1つしか伸ばせずトータル2アンダーでホールアウト。現時点では47位タイに浮上している。

 石川は初日にダボを叩いた2番でボギーを叩き、今日もボギーが先行する展開に。しかし5番のロングホールでバーディを奪うと、そこから6番、7番と3連続バーディ。9番でボギーを叩くもバーディ先行でフロントナインを終えると、後半も出だしの10番、11番と連続バーディを奪い流れを作る。続く12番でボギーを叩くも、14番でバーディを決め迎えた18番。昨日ダボを叩いたホールで、またしてもダボを叩いてしまい6バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“71”でフィニッシュした

 4位タイの松山英樹は午後組で1番ティからスタートしパーとしたものの、他の選手がスコアを伸ばしているため、5位タイに順位を1つ落としている。単独首位から出たポール・ケーシー(イングランド)は1番ホールをボギーでスタートした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>