<ザ・メモリアル・トーナメント 最終日◇1日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,352ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「ザ・メモリアルトーナメント」の最終日。首位と2打差の3位タイからスタートした松山英樹はトータル13アンダーまでスコアを伸ばして首位タイでホールアウト。ケビン・ナ(米国)とのプレーオフとなったが、1ホール目でナがティショットを池に落としてボギー。パーをセーブした松山が米ツアー初優勝を達成した。日本人の米ツアー優勝は青木功、丸山茂樹、今田竜二に続く史上4人目の快挙となる。

松山英樹の最終結果 ザ・メモリアルトーナメントリーダーボード
 松山はアダム・スコット(オーストラリア)と共に最終組の1つ前でスタート。序盤から猛然と上位に迫った。1番、2番と連続バーディ発進。3番はボギーとしたものの、4番、7番、8番と立て続けにバーディを奪って、前半だけで4つスコアを伸ばして首位をとらえた。

 しかし、米ツアーはそう簡単に逆転を許さない。単独首位で迎えた16番ではティショットを池に落としダブルボギー。さらに17番もグリーン左奥からのアプローチを寄せきれずボギーとし、すでにホールアウトしていたナと1打差の2位に後退して最終ホールを迎えた。

 最終ホール。ティショット後にドライバーが折れるトラブル。現地も騒然としたが、気持ちを切り替えてセカンドを1.5メートルのバーディチャンスにつけると、これを沈めてプレーオフに持ち込んだ。

 プレーオフ使用ホールは4日間バーディを奪っている18番。折れたドライバーなしでプレーオフに臨んだ松山はティショットでスプーンを使用。バンカーに入れたものの、ナがティショットをクリークに入れて俄然優位に立つと、最後は冷静にパーをセーブして米ツアー初優勝をつかみ取った。

 ホールアウト後は一言「うれしいです」と短い言葉に感情を込めた松山。大会ホストの帝王ジャック・ニクラスからも祝福の言葉をかけられると、「この場所で優勝できて本当にうれしい」とミュアフィールドビレッジの青空のもと笑顔を弾けさせた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>