「ザ・メモリアルトーナメント」で日本人史上4人目の米ツアーチャンピオンとなった松山英樹。その松山と共に米ツアーで戦う石川遼も祝福のメッセージを送った。

肩を組んで撮影に応じる石川遼と松山英樹
 同大会を57位タイで終えた石川は自身の公式ホームページを更新し、「英樹が勝ちました!英樹&チームの皆さんおめでとうございます。練習ラウンドを毎週のように一緒に回っていて英樹から学ぶものがありました。技術は解説者ではないので上手く伝えられませんが…向上心が強い」と同級生の快挙をたたえた。

 続けて、自身に目を向けると「一方自分はここ半年でその場凌ぎのスケールの小さいゴルフをしていました。無意識です。それを気づかせてくれたのは英樹です。」とコメント。

 さらに、「こんな客観的なことを言ってるけど大前提として英樹が勝った、日本人が勝った嬉しさはあります!けど!けど!悔しいです。悔しいと思うなら、上手くなってみろ!って自分に言います。言いました。すみません。これが今の気持ちです。明日は全米オープン最終予選。7:10スタート。がんばります。」と奮い立たせるように素直な心境をつづった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>