<フェデックス・セントジュード・クラシック 2日目◇6日◇TPCサウスウインド(7,239ヤード・パー70)>

 米国テネシー州にあるTPCサウスウィンドにて開催中の米国男子ツアー「フェデックス・セントジュード・クラシック」2日目。初日に続き2日目も全選手がホールアウトすることができず日没サスペンデッドとなった。

 現在、暫定ながら単独首位に立つのは昨日に続きベン・クレーン(米国)。すでにホールアウトしたクレーンは、この日“65”でスコアをさらに5つ伸ばしトータル12アンダーでトップを快走している。

 そのクレーンを6打差で追う2位タイには、16ホールのプレーを終えたジェイソン・ボーン(米国)と17ホールのプレーを終えたカール・ペターソン(スウェーデン)がつけた。

 日本勢で唯一出場の今田竜二は、16ホール終えて4バーディ・2ボギーとスコアを2つ伸ばしトータル1アンダーの39位タイ。決勝ラウンド進出に向けスコアを伸ばしている。


【2日目の結果】※暫定
1位:ベン・クレーン(-12)
2位T:カール・ペターソン(-6)※17ホール終了
2位T:ジェイソン・ボーン(-6)※16ホール終了
4位T:デービス・ラブIII(-5)
4位T:ビリー・ホーシェル(-5)
4位T:ピーター・マルナティ(-5)※2ラウンドスタート前
7位T:J.J.ヘンリー(-4)
7位T:チェッソン・ハドリー(-4)
7位T:ケビン・キスナー(-4)※13ホール終了
7位T:レティーフ・グーセン(-4)※2ラウンドスタート前

39位T:今田竜二(-1)※16ホール終了

<ゴルフ情報ALBA.Net>