<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2日目◇7日◇ヨネックスカントリークラブ(6,337ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」の2日目。首位タイから出た大山志保は3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。スコアを2つ伸ばしたが首位の成田美寿々と1打差の2位タイに後退した。

LIVE PHOTOで「ヨネックスレディス」2日目を振り返る!
 「昨日のほうがスコアが良かったけど、自分の中ではパットのストロークが良かったし満足はしています」とどことなくホッとした様子で話した大山。2月からパッティングの不調で悩みながらのプレー。結果も出ず、昨日の首位発進にも表情が冴えなかったがこの日は朝のパター練習で「これだ!と思って」と以前の感触を取り戻す。

 7番パー3ではピン手前2メートルにつけると、これを決めてトレードマークのガッツポーズも飛び出した。「思ったところに打てた、ストロークも思った通りにできた」。昨日よりバーディ数は少なかったが「良かったころみたいで回っていて楽しかったです」と満足のいく1日となった。

 今季はここまで20本以上のパターをテスト。それでも「しっくりこなくて、自分のストロークが悪いんですけど」とまだこれだと思う1本には出会えていない。大山はパットの際にラインが「グレーに見える」と視認できるという。ラインはしっかり見えているのに、そこに打てない――そのジレンマに苦しめられてきた。

 昨日の好発進で「進歩してるのかな」とまだ信じ切れてない部分もあるものの、自分のストロークを取り戻すための小さな一歩を踏み出した。そして、この日は理由は分からないが良い時の感触が戻ってきた。着実に、復調への道を歩んでいるはずだ。

 明日は最終組でここ2年オフの練習を共にしている大和笑莉奈、そしてメジャーを制覇し勢いにのる成田と激突。「まだ優勝とかじゃないけど、今できる事を精一杯やりたい」。ラウンド後はパター練習に時間を費やした大山、結果も大事だがまずは戦いの中でパットの感触を取り戻すことを目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>