<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 最終日◇8日◇ヨネックスカントリークラブ(6,337ヤード・パー72)>

 新潟県にあるヨネックスカントリークラブで行われた国内女子ツアー「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」。成田美寿々、大山志保、大和笑莉奈の3選手がトータル8アンダーでホールアウト。三つ巴のプレーオフの結果、成田が今季2勝目を挙げた。

LIVE PHOTOで「ヨネックスレディス」を振り返る!!
 以下は主要選手のコメント。

・大山志保<プレーオフで敗れ2位タイに>
「残念でしたね。良いところも悪いところもあった。今日は3パット2回がもったいなかったです。どちらも打ちたいところに打てていたので。残念だけど…」

(パットの調子は復調した?)
「まだですね。3パットを何回かしたのでそこは修正しないと。課題は残りました。ショットはドライバーもアイアンも良かったので。アプローチも。あとはパッティングが決まればもう一段上にいけると思います」

・アン・ソンジュ<ホステスプロ、トータル7アンダー4位>
「OBで13番のダブルボギーが残念。普通だったら気持ちが下がると思うんですけど、下がらなかったので、悪いゴルフをしたとは思っていない。気にしてはいないです。悔しいは悔しいですけど(笑)」

(ホステスプロとして初の大会を終えて)
「プレッシャーはかかったんですけど、初日は特に、でも2日目はエンジョイゴルフができればと考えたら気持ちが楽になったし結果もついてきました。優勝はしたかったけど、したくてできるものではないから。神様がくれるものだと思っている。今日は来なかったけど、次はこっちに手を挙げてくれると思っています」

・表純子(昨年覇者、この日猛チャージで5位タイに)
「疲れました。10番でティショットをバンカーに入れてボギーにしたのが痛かったですね」

(前半は6バーディ・後半は2つスコアを落とす)
「先週もこんな感じだったので逆にしたいですね。後半あんだけボギー叩くとダメですね」

・横峯さくら<トータル3アンダー12位タイ>
「ボギーが先行してショットが前半すごく悪かった。後半に入ってからはまずまずになったけど、ここのコース自体が良いショットを打ってもよいところに行かないこともありますから。最後はバーディで上がれてよかったですね」

(2週間後に全米女子OPへ)
「状態としては疲れが残っているのでゆっくり休んでよい状態で臨めたらいいなと思っています。ショット自体は良くなってきているので、向こうにいってからは我慢できないと上には行けないと思うので。渡米は来週の水曜日あたりかな。現地の近くには日、月ぐらいには入ります。それまでゆっくり休みつつ練習しようと思っています」

・新垣比菜<トータル1オーバー33位タイ・ベストアマ>
「今日は前半は良かったけど、後半の出だし3ホール(※3連続ボギー)がもったいなかったです。ショットをミスしたり、アプローチを寄せ切れなかったり。でもボギーが3つ出た後取り返そうとして2つバーディが来たのは良かったです。トータルアンダーで回りたかったけどベストアマは嬉しいです。24日から始まる日本女子アマでは必ずマッチプレーまで行きたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>