<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 事前情報◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」が12日(木)に開幕。今季の「KKT杯バンテリンレディースオープン」で史上最年少優勝を達成したアマチュアの勝みなみが「ワールドレディスサロンパスカップ」以来、1ヶ月ぶりに国内女子ツアーに参戦する。

日本女子が大会連覇達成!!個人戦でも勝みなみが優勝!男子チームは2位
 開幕を翌日に控えた11日(水)、勝はJGAナショナルチームの合宿が行われた軽井沢から移動して会場入り。この日はラウンドすることなく、ドライビングレンジで打ち込みを行い、調整を進めた。会場となる六甲国際ゴルフ倶楽部は先週9日(月)に練習ラウンドを実施したようで、「とにかくグリーンが速いですし、硬さもありました。マネジメントが大切になりますね」と難グリーンに警戒感を示した。

 勝は、先月の終わりに日本、台湾、韓国の3協会による対抗戦「ネイバーズトロフィ」に出場。自身2度目の国際競技となったが、個人戦優勝を果たして日本女子の連覇を牽引した。プロになってからはほとんど経験することのない団体戦。1人がスコアを落とせばチームに影響するという状況の中ではより1打の重みを感じたという勝は、「プレッシャーに負けない気持ちを持てた」と精神的にさらに成長することができたようだ。

 そして今大会。ゴルフの状態は「ネイバーズトロフィ」から引き続き好調を維持。目標はいつもと変わらず「予選通過」。「いつものように、普通に、自分らしく、落ち着いてできたらいいなと思います」と勝らしく、あくまで自然体で大会に臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>