<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇15日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の最終日。8アンダー首位タイからスタートしたアン・ソンジュ(韓国)が7バーディ・1ボギーの“66”をマーク。2位に5打差をつける鮮烈な圧勝劇で今季3勝目を挙げた。

「サントリーレディス」をスコア詳細速報で振り返る!
 工藤遥加、飯島茜と共に最終組でスタートしたアンは、スタートのセカンドをピン1.5メートルに寄せてバーディ発進。さらに2番パー5では3打目をOKの距離に寄せて楽々バーディとすると、4番ホールでも3メートルのパットを沈めてトータル11アンダー。早々に独走状態を築くことに成功した。

 6番ホールでは下りの5メートルを1メートルショートさせて3パットのボギー。しかし、ここで自分にプレッシャーがかかっていることに気づいたアンは、「緊張したままでも良いゴルフができるように強く集中しました」と気を引き締めて、前半残りホールをパーとした。

 独走体勢に入り、試合に完全に集中したアンにもはや付け入る隙はない。11番でピン奥1メートルを沈めると、続く12番パー5もサードショットをピン手前1メートルに寄せて連続バーディを記録。多くの選手が硬く速いグリーンの前にスコアを崩していく中、別次元のゴルフでスコアを伸ばし続け、今季3度目の栄冠を手中に収めた。

 首位タイで迎えた最終日、スタート前から強い緊張感に襲われたというアン。しかし、「緊張していることがわからないように心がけて、楽しいことを考えるようにしました」と巧みにメンタルをコントロールして、スタートホールからの連続バーディというロケットスタートを決めた。

 今回の優勝によって、イ・ボミ(韓国)を抜き去り、賞金ランク1位に浮上。2010年から2年連続でマネークイーンに輝いた女王候補の大本命が俄然存在感を強めてきた。国内女子ツアー屈指の技術に加えて、この日見せた磐石のメンタルコントロール術。2011年以来となる賞金女王奪還に向けて、アンのゴルフに死角はない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>