<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 事前情報◇18日◇宍戸ヒルズカントリークラブ・西コース>

 国内男子メジャー「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」が茨城県にある宍戸ヒルズカントリークラブで開幕。首位タイに6人、その首位と1打差の7位タイに6人入る混戦となっている。

首位タイ発進の谷原秀人、ノーボギーラウンドも「調子はイマイチ」
 以下に主な選手のコメントを掲載する。

○近藤啓介(5アンダー首位タイ)
「今日はパターが全てというくらい入ってくれました。微妙な距離のパーパットもよく決まってくれたのが大きいです」

(メジャーで初日好成績だが)
「メジャーということで正確なショットが必要になるけど、パターと前日の雨の影響でグリーンが柔らかくて助けられました」

(この大会で初優勝を迎える選手が多いことについて)
「そうなるといいですね。まずは最終日に楽しみな位置にいけるように頑張りたいです」

○星野英正(5アンダー首位タイ)
「上出来です。こんなスコアで回れると思っていなくて朝から必死にやっただけでした。とりあえず予選は通らないといけないので、明日に向けて少し気が楽になりました。ただこのコースなので明日になってみないと調子もスコアも分からないです」

○金亨成(キム・ヒョンソン)(5アンダー首位タイ)
(連戦が続くが疲れは?)
「本当は疲れています。日本プロのときも本当に疲れていました。今週も先週予選落ちしてからすぐ帰ってきて1日休んだらすぐプロアマでしたからね」

(それでも首位タイスタート)
「昨日の大雨でグリーンが柔らかくなったのがよかった。先週はホントに固くて速くて・・・コンディションは100パーセントじゃないけどいい結果が出たので明日からもまた頑張りたいです。」

○手嶋多一(4アンダー7位タイ)
「内容はあまり良くないんですけどね。ところどころラッキーで助けられました」

(最終ホールでのチップインバーディは)
「芝が逆目だったのでピッチングで。運が良かったです」

○藤田寛之(3アンダー13位タイ)
「スコアに対しては満足。初日としては問題ないので明日もこの流れでやっていきたい。まずは優勝よりも不安があるショットの状態をよくしていきたいと思います」

○宮里優作(1オーバー64位タイ)
「全然ダメでしたね。前半は良かったんですけど、後半はダメでした。明日から切り替えてやっていきたいです」

○小平智(4オーバー105位タイ)
「今日はドライバーの調子が悪くて、3番のダボで流れが変わってしまいました。それでも10番でイーグルを取れたり後半は割りといいゴルフができたと思います。まずは予選突破に向けて頑張ります。」

<ゴルフ情報ALBA.Net>