<ニチレイレディス 初日◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,584ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ニチレイレディス」が千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コースを舞台に開幕。先週、今季初のトップ10フィニッシュを決めた上田桃子は勢いそのままに、この日5バーディ・4ボギーの“71”でラウンド。首位と2打差の1アンダー7位タイと好スタートを切った。

女子プロも注目!FWキープやパーオンがわかる新速報を配信中!
 「初めてのコースだったけど、打っていく中でイメージをしっかり出来たラウンドだった」とプレーに対する手ごたえを口にした上田。イーブンパーで迎えた最終18番パー5では2オンを狙うもボールは手前のガードバンカーへ。その中で同組の比嘉真美子のボールと上田のボールが「くっついてしまって」とハプニングが。

 そこから比嘉はなんと直接カップインさせてイーグルを奪取。それを見た上田は、「先にやったなと(笑)」とカップインはしなかったがしっかり1メートルにつけバーディ締め。スコアをアンダーパーとし、比嘉と共にギャラリーを大いに盛り上げた。

 下半身の筋肉痛に口唇ヘルペスと体調は万全ではなかったが、昨日「こういう時のほうが良かったりする」と話した通り、この日はいいスタートが切れた。初めてのコースにも慣れ、「よく見るとバックナインのグリーンにはアンジュレーションが結構ある。何にもないように見えるものを読み切れるか」と明日はこの日以上に細かい点にも気を配りながら首位を追走する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>