<ニチレイレディス 2日目◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,584ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ニチレイレディス」の2日目。今季の注目ルーキー、藤田光里が9バーディ・2ボギーの“65”をマーク。スコアを7つ伸ばし首位と4打差の2位タイに順位を上げた。

「ニチレイレディス」の模様はスコア詳細速報で振り返る!
 この日は「気持ち悪いくらいパットが入った」と1番で4メートルを入れたのを皮切りにチャンスをことごとく決め自己のベストスコアを更新。これまではチャンスにつけてもパットがショートすることが多かったが「最初のパットをカップをオーバーさせることを課題にしています」、ゴルフの基本“届かないパットは入らない”を念頭にしてプレーし結果を出した。

 この試合では妹の美里(みさと)さんとコンビを組んで出場。これまで「ダイキンレディス」、「PRGRレディス」、「サイバーエージェントレディス」と妹が担いだ大会では予選落ちを喫してきたが「周りから言われてプレッシャーというかかわいそうと思ったので(笑)今週は気を引き締めて頑張っています」と妹を思う姉心もこの好スコアを後押ししたかもしれない。

 明日は今季3度目の最終日最終組でのラウンド。これまでの2回はスコアを落としてしまい優勝には手が届かなかった。「チャンスをつかみたいですね」、首位とは4打差、しかも相手は世界ランク29位の申ジエ(韓国)と厳しい状況ではあるが“3度目の正直”で栄冠をものにすることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>