<全米女子オープン 3日目◇20日◇パインハースト・ナンバー2(6,649ヤード・パー70)>

 ノースカロライナ州にあるパインハーストNo.2で開催されている米国女子メジャー「全米女子オープン」の3日目。2オーバー7位タイからスタートした横峯さくらは1イーグル・2バーディ・5ボギーと出入りの激しい内容でスコアを1つ落としたが、前日と同じ7位タイをキープした。

国内女子ツアーではFWキープやパーオン率がわかる新速報を実施中!
 史上初の同一コース男女連続開催となった今大会では“ムービングデー”も混戦模様。3日目の競技を終えてアンダーパーの選手がわずかに2名と世界最高難度のコースを前に選手たちは厳しい戦いを強いられている。

 横峯もこの日は4番ホールでボギーが先行したが、圧巻だったのは続く5番パー5。ティショットできっちりフェアウェイをとらえると、セカンドでは4番ハイブリッドを振り抜き2オンに成功。4メートルのパットを沈めて、値千金のイーグルを奪取した。

 そこからは再びパインハーストNo.2の前に苦戦を強いられた横峯だが、バックナインでは、「すごくショットが良くなった」と話すように、2つのバーディを奪うなど1アンダー“34”をマーク。最終ホールのボギーが悔やまれるが、首位との差を5打に縮め、最終日の逆転優勝に望みをつないだ。

 海外メジャー初制覇も十分視界に入る位置で最終日を迎える横峯だが、「明日はやっぱりいつもと変わらず(プレーしたい)」とマイペース。「ベスト10狙いかなと思います」と決して“OKライン”を上げることなく、最終日もプレーしていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>