<アース・モンダミンカップ 初日◇26日◇カメリアヒルズCC(6,516ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」が開幕。美脚プロとして人気が高い木戸愛はこの初日4バーディ・1ボギーの“69”でラウンド。首位と3打差の11位タイとまずまずのスタートを切った。

木戸愛の今日のプレーもスコア詳細速報で振り返る!
 今季はいまだトップ10フィニッシュがなく不調の木戸。持ち味は長身から繰り出す切れ味するどいショットだが、「思うようなスイングができていない」とここまで好スタートを切っても優勝争いには絡めていない。

 今季から芹澤信雄のアドバイスを受け約2年ぶりのツアー2勝目を目指している木戸。先週の「ニチレイレディス」では最終日終盤に3連続ボギーと悔しい結果に。その最終日には芹澤も応援に駆けつけていたが、“師匠”の前でいいプレーを見せることはできなかった。

 大会の前にはメールで「“焦らず落ち着いてプレーすれば大丈夫”と励まされました」という木戸。早く2勝目が欲しいのに、結果が出ず焦る気持ちが大事な場面でプレーを壊していたのかもしれない。

 “芹澤流”では緊張した時でも曲がりが出にくいフェードでプレーを組み立てるのが基本。今大会では「フェードのイメージが出るようになってきました。ミスも右のみで、ミスの質が変わってきました。試合が組み立てやすくなりましたね」とここまでドローのイメージがぬけなかったが、ようやく目指す方向に光が見えてきた。

 初優勝から2年、待望の2勝目へ。この大会で結果を残し、自分のプレーに確信を得ることができるか。多くのファンが、その復調を待ちわびている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>