<長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 事前情報◇2日◇ザ・ノースカントリーGC(7,050ヤード・パー71)>

 北海道にあるザ・ノースカントリークラブを舞台に国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」が3日(木)に開幕。今大会には「ザ・メモリアルトーナメント」で米ツアー初優勝を達成した松山英樹が凱旋出場。今季国内ツアー初参戦を果たす。

松山英樹のこれまでの歩みをフォトギャラリーでチェック
 開幕前日となった2日(水)にはプロアマ大会に出場した松山。自身のゴルフの状態については「悪くはなかったと思います」と話したが、その言葉はどこか歯切れが悪い。コースについて問われた時も、「グリーンは良いですよ。自分のことに関しては良くないですけどね」と話していた。大会開幕に向けて、決して良い状態ではないらしい。

 それでも、「(練習日の調子は)ここまで当てにならないし、明日朝練習して、試合の中で調整できたらいい」と松山の表情に焦りは全くない。昨年大会では4位タイに入るなどコースとの相性も良いだけに、今大会が松山を中心に展開されるであろうことは想像に難くない。今大会で国内初競演となる石川遼も「間違いなく英樹が主役になる」と話していた。

 松山は今大会を終えた後は海外メジャー「全英オープン」に出場。昨年も同じスケジュールを組み、「全英オープン」で6位タイに入る活躍を見せた。その意味で、今大会の結果は重要な意味を持つが、松山は「この試合はこの試合で全力でやるだけ。勝ちたい気持ちは一緒。1打1打集中していきたい」と話し、今季国内ツアー初優勝を見すえた。まずは初日に好スタートを決めて、週末の戦いに備えたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>