<長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 初日◇3日◇ザ・ノースカントリーGC(7,050ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」が3日(木)に開幕。今季の「ザ・メモリアルトーナメント」で米ツアー初優勝を挙げた松山英樹は今大会に凱旋出場。今季初となる国内での試合に臨んだが、初日は3バーディ・3ボギーの“71”で39位タイとやや出遅れる結果となった。

松山英樹と石川遼の足跡をフォトギャラリーで振り返る!
 「ショット、パットのフィーリングが合わなかった」。その言葉が示す通り、この日の松山はスコアメイクに苦戦。12番パー3ではグリーン奥からのアプローチを4メートルオーバーさせてボギーとすると、さらに16番から連続ボギー。スコアを伸ばすどころか、3つのボギーを先行させる苦しいゴルフを展開した。

 しかし、これで終わらないのが松山の強さ。前半上がりの18番パー5で2オンに成功して、この日最初のバーディを奪うと、後半には3番、6番と2つのバーディを奪取。フィーリングのズレを修正してスコアをイーブンパーまで戻して、初日のプレーを終えた。

 今季国内初戦ということもあり、この日は多くのギャラリーを引き連れてプレーした松山。そのショット1つ1つにはギャラリーからの惜しみない声援や拍手が送られたが、松山自身は、「たくさんの声援や拍手をしてもらって嬉しかったけど、それに応えるプレーができなくて残念」とその表情に悔しさを滲ませた。

 この日の松山が苦しんだのはアイアンショットの距離感だ。特に午後に入って風が強く吹き始めたこともあり、「読みにくかった」とセカンド地点でクラブを持ち替えるシーンが目立った。ドライバーについては、「ほぼ完璧だった」と安定してフェアウェイをとらえ続けたが、そのアドバンテージを生かすことができなかった。

 「ドライバーが良いので、アイアンとパターが良くなればアンダーが出せると思う。少し練習して合わせたい」。今季の国内初戦は不本意なスタートとなってしまったが、松山がこのまま終わるはずがない。目に強い光を宿したまま、松山は足早にドライビングレンジへと向かった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>