<長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 初日◇3日◇ザ・ノースカントリーGC(7,050ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」が3日(木)に開幕。今大会で今季国内3戦目となる石川遼は3バーディ・1ボギーの“69”でラウンド。首位と4打差の12位タイとまずまずのスタートを切った。

石川遼、松山英樹ががっちり肩を組み笑顔 フォトギャラリー
 昨年の約2倍となる4,247人の大ギャラリーから熱い視線を浴びて、ティオフの時を迎えた石川。しかし、10番ホールで放ったドライバーショットは大きく右に曲がり、そのまま池の中へ。池ポチャからのボギーを喫するという波乱の幕開けでこの日のラウンドをスタートさせた。

 前日には「スイング全体に安定感が出てきた」と、先週から行っている北海道合宿の成果を話していた石川だが、この日はティショットのコントロールに苦戦。ティショットでフェアウェイをとらえたのは14ホール中わずかに3ホールで、良いポジションからセカンドを打つことができず、ショットでチャンスメイクすることができなかった。

 それでも、好調なショートゲームを武器に前半3つのバーディを奪取することに成功。さらに、苦しいながらもボギーをスタートホールの1つに抑えて、初日をアンダーパーのスコアで終えた。

 結果としてはまずまずの順位で初日を終えた石川だが、その表情に笑顔はない。米ツアーで勝つために“ショット力”の強化を目的に練習を重ねてきたが、この日のゴルフは石川が前日に話した「その場しのぎのプレー」であり、まさに「スケールの小さいゴルフ」そのもの。「思ったような動きができなかった」とショットでスコアを作れなかった悔しさを噛み締めた。

 それでも、「納得できる出来ではないけど、順位としては良かったと思う」と耐え抜いてアンダーパーのスコアをマークしたことには一定の評価をした石川。「自分の力を、練習してきているものを見せたい」と週末の優勝を争いを見すえて、ラウンド後は精力的に練習場でボールを打ち込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>