<日医工女子オープンゴルフトーナメント 2日目◇5日◇八尾カントリークラブ(6,454ヤード・パー72)>

 富山県にある八尾カントリークラブを舞台に開催されている国内女子ツアー「日医工女子オープンゴルフトーナメント」の2日目。この日、首位タイからスタートした横峯さくらは2日連続ノーボギーのラウンドで2つ伸ばすも順位を落とし3位タイで2日目を終えた。

LIVE PHOTOで大会2日目をプレーバック!
 初日は目標どおり“トゥデイNo.1”になった横峯だったが、今日は打って変わり、前半は拾って拾って凌ぐゴルフ。それでも、なんとか8番までパーで凌ぐと、9番パー5でやっとサードショットをピン1.5メートルにつけてこの日初バーディを奪い前半を折り返す。

 後半は「チャンスはいっぱいあったが・・・」とバーディパットがなかなか決まらず、フロントナインと同じくパーを並べる展開。そして最終18番でなんとか5メートルのバーディパットを沈めホールアウト。終わってみれば2バーディ・ノーボギーの“70”とスコアを2つ伸ばしたものの、単独3位となった。

 バーディパットが入らなかったことについて横峯は「昨日はグリーンと自分のスピードが合っていたが、今日は噛み合わなかった」。昨晩雨が降りグリーンが柔らかく、「今日は打たなきゃ」という気持ちがタッチを狂わせた。

 今日の目標は“4アンダー”と設定していた。トータル2アンダーで終えた横峯、目標を達成できず悔しい気持ちでいっぱいだという。それでも「バーディパットを寄せること」をOKラインに設定していたため、そこをクリアできていたことで気持ちの面で崩れることはなく、それがノーボギーラウンドに繋がったという。

 最後は「こんな日もあるかな」と切り替えて会場を後にした横峯。「3打差は届かない距離じゃない」と笑顔を見せた。気持ちを切り替えて、2011年の「リゾートトラストレディス」以来となる3打差逆転優勝を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>