<日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇6日◇八尾カントリークラブ(6,454ヤード・パー72)>

 富山県にある八尾カントリークラブで開催された国内女子ツアー「日医工女子オープンゴルフトーナメント」の最終日。5アンダーの17位タイからスタートした藤田光里は前半でイーグルを含む6バーディを奪取し大爆発。しかし後半で失速し通算12アンダーの単独3位で大会を終えた。

藤田光里の猛チャージをLIVE PHOTOでプレーバック!
 「これで波に乗れた」というスタート1番のパー5ではティショットをフェアウェイ真ん中につけると、残り245ヤードのセカンドを3番ウッドでフルスイング。するとピン手前1.5メートルにつけ、いきなりイーグル発進。その後も3連続を含む4バーディを奪い「ハーフの自己ベスト」という“30”で前半を回った。

 後半に入り、最初の10番でバーディと好スタートを切っる。ところが続く11番で痛恨のボギーを叩いてしまうと、そこからバーディチャンスにつけるも決めきれず、スコアを伸ばす首位のジョン・ヨンジュ(韓国)に引き離された。最終18番では意地のバーディを奪うも時すでに遅し。結局後半はスコアを1つしか伸ばせず、首位と5打差のトータル12アンダーでホールアウトとなった。

 今週の目標がトップ10に入ることだった藤田。その為にも「トータル10アンダーを目指す」と考えており、「ハーフでクリアできたのでよかった」と達成感を口にした。スタート時はトップと7打差で優勝までは考えてはおらず「今日は1日攻めのゴルフをしよう」とだけ心がけてプレーしたことが奏功した。

 プロとなって初めのシーズン。最初は環境に慣れず、3連続となる予選落ちも経験した藤田。それでも「ニチレイレディス」では元世界ランク1位の申ジエ(韓国)を最終日に猛追し、最終的に2位タイに食い込むなど徐々に藤田本来の力を発揮してきた。それについて藤田自身は「毎日アンダーで回ろうと思い始めて、結果としてでてきた。それが最近自信になっています」と感じているようだ。

 また、藤田の中で1つの大きな目標が地元北海道での優勝。今季は「meiji カップ」と「ニトリレディスゴルフトーナメント」の2つが北海道で開催される。ツアー優勝はまだないが「あきらめず、攻めのゴルフができるように続けていければいいところにいけると思う」と自信が漲っている。本来の実力を発揮し始めた大物ルーキーからますます目が離せない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>