グリーンブライヤークラシックでアルゼンチン出身のアンヘル・カブレラが見事な逆転優勝を飾った。44歳による優勝は今季の米ツアーの最年長記録となった。

2013年マスターズでのアダム・スコットとのエピソードは賞賛を浴びた
 最終日を首位に2打差の2位で迎えたカブレラは後半で首位に浮上。13番のイーグルで2位との差を3打へ広げたが、直後に2連続ボギーを喫した。しかし、2位との差がわずか1打しかなくなった苦しい状況下、上がり3ホールの攻めっぷりは圧巻だった。それは、まさしく「カブレラのゴルフ」だった。

 カブレラを眺めていて、いつも感じることがある。彼は何に対しても割り切りがいい。いや、割り切りというよりも「白か、黒か」「イエスか、ノーか」「1か、100か」という具合に、スパッと答えを出そうとする。その姿勢は、きっと彼の人生の歩みの中から生まれ出たものなのだと思う。

 幼いころ、母国アルゼンチンのゴルフクラブでキャディとして働いていたら、そのクラブのメンバーだったプロゴルファーのエドアルド・ロメロからゴルフをやれと勧められた。「やるか、やらないか」。人生やキャリアの分岐点は常に2者択一の決断を求められる。2つに1つの賭け。カブレラは「やる」を選び、15歳でゴルフクラブを初めて握った。それから5年間、血の滲むような必死の練習を積み、20歳でプロゴルファーになった。

 これまで米ツアーでは07年全米オープンと09年マスターズの2勝のみ。いや、彼の強さで「たった2勝」と感じるからこそ「2勝のみ」とついつい書いてしまうのだが、その2勝は「メジャーのみ」なわけだから、「メジャー2勝もしている」と書くべきなのかもしれない。そんな彼の極端な戦績さえもがカブレラらしさの象徴に思える。

 昨年のマスターズでは最終日も首位を走り、2着目のグリーンジャケットに袖を通しかけていた。前年11月に孫が生まれていたカブレラは、マスターズ史上初の「おじいちゃん優勝」に王手をかけていた。アダム・スコットとのプレーオフにもつれ込み、勝利をさらわれてしまったが、敗北が決まったその瞬間から爽やかな笑顔を見せ、スコットの肩を抱きながら勝利を讃えたカブレラのグッドルーザーぶりは人々の心を打った。

「与え、奪う。それがゴルフだ」

 つたない英語でそう言ったカブレラの言葉は、あのときから忘れがたきフレーズとなって私の胸に刻まれている。

 与え、奪う――言い得て妙だ。常に2者択一の賭けをしながら豪快に生きてきたカブレラは、メジャー2勝を得たものの、米ツアーではそれ以上は勝てず、世界30勝を挙げたものの、09年マスターズ以後は主要なツアーでの勝利から遠ざかり、天の神様から「与えられたもの」と「奪われたもの」がはっきり二分されたような戦績だった。

 今季も成績は振るわず、フェデックスカップ158位という位置で今大会にやってきた。11番と12番でバーディ、13番は175ヤードからの第2打をカップに沈めてチップインイーグルを奪い、2位との差を広げた。その直後に2連続ボギーでスコアを落としたが、快走する姿も躓いた姿も、どちらもカブレラらしい一途なゴルフだった。

 だが、2位との差が1打に縮まりながらも16番でドライバーを握り、パー5の17番では336ヤードもかっ飛ばして2オンに成功し、バーディーを奪ったアグレッシブな彼の攻め方は「勝つか負けるか、二つに一つ。与え、奪う。それがゴルフだ」と叫んでいるかのようだった。

 日本では石川遼が2年ぶりの勝利を飾ったばかり。そう言えば石川は、先月の全米オープン地区予選に挑んだ際、その前日に米ツアー初優勝を挙げた松山英樹の勝ち方を振り返りながら「常に完璧を追求し、決めどころで絶対にバーディを取るつもりで何も恐れずに打つ」という向上心や勇気を、松山の勝ち方を見て教わったのだと話していた。石川の優勝は、それを実行できたからこその勝利だったように思う。

 その石川も、以前、こんな言葉を口にしていた。「運と不運は五分五分だと思う」。カブレラの「与え、奪う」と、どこか似ている。そっくりな信条を抱く2人が日米でどちらも久しぶりの勝利を挙げたことは、とてもうれしく、ちょっぴり不思議な偶然だった。

文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

<ゴルフ情報ALBA.Net>