ヤマハ株式会社は、同社のクラブ「inpres」のユーザーを対象としたイベント「inpres ファンサミット」を静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部で開催した。この日はヤマハの契約プロである藤田寛之、谷口徹、中村香織、葭葉ルミが4選手がホストとして登場。約200名の応募の中から抽選で選ばれた36名のゲストと共にイベントを楽しんだ。

【関連ニュース】好調な葭葉ルミ、藤田寛之が監修して作られたアイアンを使用中!
 競技は新ペリア方式による個人戦と、OUTスタート組、INスタート組に分かれた団体戦を実施。スタート前に行われたプロの抽選により、紺のRMXキャップを着用したOUT組には谷口徹、葭葉ルミ。赤キャップのINスタート組には藤田寛之、中村香織が加わりチームを盛り上げた。

 スタート前にはアラフォーコンビが舌戦を展開。藤田が「谷口さんには通算勝利数も、賞金額も負けているのでみんなで頑張って倒しましょう」とチームにゲキを飛ばせば、谷口は「人気だけは少し負けてるけどな」と返して笑いを誘っていた。勝負は団体同スコアで並ぶ大接戦となったが、18番からのカウントバックにより藤田チームが勝利をおさめた。

 表彰式で藤田は「われわれ40代の2人は少し元気がないのを感じているけど、これからもヤマハのクラブを使っていただければ。谷口さんの契約金も上がっているので(笑)」と笑いもとりながら改めてヤマハのクラブをアピール。谷口も「とにかく松山(英樹)と(石川)遼くんと回るときは全エネルギーを使って近くまで飛ばして、RMXの良さをアピールしたい」と語って大盛況のうちにイベントを締めくくった。

 同社はこのイベントを今後も継続的に実施して行く予定。こうしたイベントを通じてコアなヤマハユーザーを育て、ユーザーからヤマハの良さを全国にアピールしていく構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>